トップ

アトピー跡を改善する

アトピーは治った後に跡が残る

アトピー炎症の色素沈着

アトピー性皮膚炎は、たくさんの人が苦しめられている症状です。その完治を目指して治療を続けている人も多いでしょう。
しかしながら、忘れてはいけないのが治療後の肌に残った跡の問題です。

アトピーのせいで、肌が黒く色素沈着してしまったという人はたくさんいます。これは、肌の掻きむしりが原因でしょう。アトピー特有のかゆみを解消しようと、肌をガリガリひっかいているうちに、炎症を起こして色素沈着してしまうのです。
ですから、アトピーの患者さんはかゆみをとる治療以外にも、色素沈着の跡が残らないようにするための処置も必要になってきます。

アトピーの改善情報サイトならこちら。

アトピーによる肌の黒ずみ・色素沈着を抑えたいならば、炎症を予防しなければいけません。まず、皮膚科で処方された薬はちゃんと服用して、塗り薬はきちんと塗ることが大事です。また、保湿も定期的に行いましょう。肌がカサカサしていると、かゆみが倍増してしまいます。意識して「かかない」「こすらない」ようにするのも大事です。

また、身につけるものについても注意が必要です。洗剤は安全性を重視したものを選び、寝具や衣服は清潔に保つようにするようにしましょう。さらに、ベッドのまわりはこまめに掃除するようにするといいでしょう。ほこりはアトピーを悪化させることがあります。

また、食生活の改善も欠かせません。肌にいいとされる栄養はちゃんと摂るようにしましょう。足りない栄養はサプリメントで摂取してもいいかもしれませんね。
逆に、肌に悪い食べ物はなるべく避けるようにします。たとえば、白砂糖は肌荒れをひどくすると言われており、アトピーにも悪影響だと言われています。甘いお菓子が好きな人も、アトピー治療のために我慢してみて下さい。

アトピーの色素沈着の跡も、根気よく治療を続ければ改善します。自分のお肌を大事しながら、治療を続けてみて下さい。

Copyright © アトピーは治った後に跡が残る. All rights reserved.